FX 入門者が身につけておくべきローソク足の読み方と基本のパターン

ローソク足とは、一定期間の為替価格とその値動きを表示する為のもので、このローソク足を見る事でその時の高値や安値、始値と終値を知る事ができます。始めたばかりのFX 入門者では、少し分かりづらいかもわかりませんが、FX取り引きを行っていく上でも、為替チャートの値動きをつぶさに見る事は非常に大切なものです。ここではFX 入門編として、1日の為替の値動きを表したタイプの日足でご説明しましょう。

まずローソク足は、陽線と陰線とに分ける事ができ、色つきのチャートグラフでは陽線が赤や青色で表され、陰線は黄色や緑色、黒色で分けられる事が多いものです。ろうそく本体に見える塗りつぶされた縦棒を実体部分といい、陽線では下の部分が始値で、上の部分が終値を表し、陰線では逆に上の部分が終値で、下の部分が始値を示すものです。この実体部分から伸びている上下の線がそれぞれ上ヒゲ、下ヒゲと呼ばれるものになります。

基本のパターンと言われる形は、窓あるいはギャップと呼ばれる形です。下にひげが突き出た形は為替価格が上がっている状態で、逆に、上ヒゲが突き出た形は為替価格が下がっている事を示したもので、他にもさまざまなパターンがあります。